借金減額シミュレーターの債務整理15000件の実績とその効果とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
借金減額シミュレーター

借金減額シミュレーターというツールをご存知でしょうか――?
聞き覚えのない方もいるかと思いますが、借入額が増えて返済が苦しい方や、日々の生活にまで影響が出てしまっている方、自己破産や債務整理を考えている方など、様々な借金問題で困っている方に向けて作られた債務整理ツールです。

借金減額シミュレーターは、匿名で利用できる利便性と、弁護士や司法書士と直接リンクしている高い信用性から、その利用者が年々右肩上がりに急増しています。

借金問題は、先延ばしにすればするほど、問題が大きくなり解決に時間がかかってしまうものなんです。

しかし、借金問題を抱えている人というのは、目先の現金を手に入れることに意識を集中してしまうため、根本的な問題解決に踏み出せず、ついつい先延ばしする方が多数を占めています。そのため、借入額が増える一方となってしまうのです。

借金問題の悩み

これを解決するためには、現在の総借入額を減らして、月々の返済を少しでも楽にすることが肝心です。

そこでこの記事では『もう借りるところがなくて困っている』『家族や職場にバレずに借金を返済したい』といった方が、簡単に借金の減額方法を知ることができる《借金減額シミュレーター》の詳細について話しています。

借金減額シミュレーターを利用することで、

  • 現在の借入額から、いくら減額されるのかが分かる
  • 減額するために必要な具体的な方法を教えてくれる

上記の2点を匿名&無料で知ることが出来るので、利用して全く損のない債務整理ツールだと言えるでしょう。

「今すぐに借金減額シミュレーターを利用してみよう」と思った方は、以下のボタンをクリック(タップ)すればすぐに利用できます。「もう少し詳細を知ってから利用しよう」という方は、このまま記事を読み進めて下さい。

借金減額シミュレーター

 

■ 目次

1:借金問題解決の基本は借入額を減らすこと

1-1:誰でも簡単に使える債務整理ツール

2:借金減額シミュレーターの利用は『匿名&無料』

2-1:借金問題の解決は構えず気楽に

2-2:5つの簡単な質問に答えるだけ

3:分かりやすい内容が人気の借金減額シミュレーター

3-1:280万円の借金が100万円も減額

4:借金減額シミュレーターは法律の専門家と繋がっている

4-1:弁護士や司法書士を探す必要がない

5:おわりに

 

借金問題解決の基本は借入額を減らすこと

ある日、突然届く借金の督促状――。
A社からの借金を返済するためにB社からお金を借りて、さらにB社の借り入れを返済するためにC社から借りて……こんなことを繰り返しているうちに、借金が膨らんでしまい、借金の督促状という名の魔の郵便物が届く……。

借金問題

こうなると、個人信用情報に傷がついてしまいます。いわゆる、世間一般で言われるところの《ブラックリストに載ってしまう》ということです。

ブラックになってしまうと、まともな金融業者から新たに借り入れをすることは、ほぼ不可能だと言えます。100%無理と断言は出来ませんが、仮に借りることが出来たとしても、そのお金は利息をつけて返済しなければならないのです。

どうせ返済しなければならないのであれば、いっそのこと《借金の金額自体を減らす》方向へと視点を切り替えるべきです。それが借金問題から解放される最短最速のルートとなるんです。

誰でも簡単に使える債務整理ツール

借金の問題を解決するために債務者をサポートしてくれるのが、借金減額シミュレーターという債務整理ツールなんです。

借金減額シミュレーターの使い方は至って簡単です。しかし、誰でも初めて使うものに関しては抵抗を感じてしまうのが当たり前です。そこでここからは、借金減額シミュレーターの使い方や利用メリットについての詳細を解説していきます。

ぜひ最後まで読んで、あなたが抱えている借金問題を1日でも早く解決するようにして頂きたいと思います。

 

借金減額シミュレーターの利用は『匿名&無料』

実際のところ、現在抱えている借金というのは、馬鹿正直に、請求されるがままの金額で返済する必要などないんです。

それは一体どういうことなのか――?

つまり、お金を返済する際に加算されている利息というのは、現行法である利息制限法の範囲を超えた金額で請求されていることがほとんどなんです。

要するに『支払う必要のない利息を支払わされている』という人が大半を占めているため、しっかり専門知識をもって計算することによって、ほぼ全ての方の返済額が減額できることになるんです。

しかし、実際に債務の減額をするためには、債務整理に精通している法律の専門化に相談する必要があります。

借金問題の解決は構えず気楽に

一般的には、債務を整理しようと思った場合、法律の専門化である弁護士や司法書士に相談して解決するのが普通です。

ですがアメリカなどとは違い、日本人というのは、弁護士事務所や司法書士事務所に対して『敷居が高い』というイメージを持っている方が多数を占めているのが現状です。

つまり、法的手段というものに慣れていない日本人は、司法に対して抵抗感を持っている方が多く、借金問題で悩んでいても、弁護士や司法書士といった法律の専門化への相談に躊躇する方が大半です。

そのため、返済に困った挙げ句に『自ら命を断ってしまう』という、最悪の選択をする人が年々増加している悲しい現実があるんです。

原因・動機が『経済的問題』による男性の自殺者数の内訳(平成23年 前年同月差)

経済的原因による自殺者数内閣府-自殺統計の分析』より引用

自殺という最悪の選択までいかなくとも『家族に借金がバレて家庭が崩壊』『勤め先に借金がバレて居づらくなり退職』といった、人生を左右するような結果になってしまう方も、決して少なくはありません。

お金で人生を狂わせるようなことは、絶対に避けなければいけない――そんな想いから作られたのが借金減額シミュレーターという債務整理ツールなんです。

借金減額シミュレーターは、匿名で誰でも簡単に利用できるので、借金問題をスムーズに解決するには、うってつけの無料診断ツールだと言えます。

5つの簡単な質問に答えるだけ

借金減額シミュレーターは、実名や住所といった個人情報を入力する必要がありません。

たった5つの簡単な質問事項を『選択・入力』するだけで、以下の2つの診断結果がメールで送信されてきます。

  • 借金を減額するための方法
  • 減額できる借金の金額

上記の2つの回答を匿名で、しかも無料で教えてくれるという、借金を抱えて辛い思いをしている方にとっては、実に有り難い『債務整理をするきっかけ作り』となる無料診断ツールなんです。

入力する5つの質問内容とは

無料で利用できると言っても、いざ使うとなると「面倒な手続きをするのは嫌だな……」と思う方は多いでしょう。

さらに『入力する5つの質問項目ってどういったものがあるんだろう』といった点を不安に思っている方も多いはずです。

そこで、以下に《5つの質問項目とはどんなものなのか》についての具体的な内容を、順を追って解説していくので、利用前の不安解消に役立てて頂ければと思います。

質問項目①:借り入れしている会社の数

質問項目①

現在、何社から借り入れをしているのかを『1社』から『4社以上』の4項目から選択します。該当項目をクリック(タップ)するだけでOKです。

質問項目②:住宅ローンに関して

質問項目②

現在、住宅ローンを組んでいるのかどうかを『はい』『いいえ』から選択します。これも該当項目をクリック(タップ)するだけでOKです。

質問項目③:現在住んでいる地域

質問項目③

現在お住まいの地域を『北海道』『東北』『関東』『中部』『近畿』『中国』『四国』『九州』の8項目から選択します。クリック(タップ)するだけでOKです。

質問項目④:住んでいる都道府県

質問項目④

③で選択した地域によって都道府県が表示されるので、該当する都道府県を選択します。クリック(タップ)するだけでOKです。

質問項目⑤:現在の借入総額

質問項目⑤

現在、借り入れしている金額の総合計を入力します。合計金額のみを入力するだけでOKです。

上記の5つのみで質問項目は終了します。

その後は以下の画面が表示されるので、メールアドレス・電話番号(携帯電話でOK)・質問欄(質問がある場合のみ入力)に入力すると手続きは全て完了します。

最終入力

たったこれだけで、借金を減額する方法と減額できる借金の金額が、入力したメールアドレス宛に送られてきます。入力時間は全て合わせて、どれだけかかっても3分も必要ありません。なので、ちょっとした空き時間を利用することで、利用するための手続きはすぐに完了します。

メールアドレスはフリーメールでもOKです。

電話番号は、借金減額シミュレーターの利用者が、診断結果を見て債務整理を依頼した場合の連絡用として使われます。よって、債務整理を依頼しない場合には電話がかかってくることはありません。

当然のことですが、債務整理を無理やりに勧めるような電話やメールは一切ありませんので、どなたでも安心して利用できる『債務を整理するための無料診断ツール』だと言えるでしょう。

借金減額シミュレーター

 

分かりやすい内容が人気の借金減額シミュレーター

借金減額シミュレーターにアクセスして、前述の簡単な質問事項に入力すると、登録したメールアドレス宛に診断結果が送られてきます。

簡単な申込手続き

『具体的にはどういった内容の診断結果が送られてくるのか』といったところが気になる方も少なくないでしょう。いくら無料だといっても、いい加減な診断結果が送られてきては意味がありません。

そこで、ここでは、具体的な診断結果について、その代表的な一例を話していきたいと思います。

280万円の借金が100万円も減額

借金減額シミュレーターを利用して、送られてきた診断結果の具体的な内容は、以下のような感じになります。

借金減額の診断結果

診断の結果、280万円もあった借金の総額が、100万円減額の180万円にまで下がりました。さらに月々の支払いも《12万円から4万円》と、8万円も減額されるという結果になっています。

上記の画像では減額される借金の総額を表記していますが、それと同時に、借金を減額するための具体的な方法も一緒に送られてきます。

そのため、借金問題を抱えている人の念願でもある借金の完済が、現実味を帯びてくることを実感できる内容となっているんです。

 

借金減額シミュレーターは法律の専門家と繋がっている

借金減額シミュレータの利用者が急増している理由は、減額された借金の金額とその方法を教えてくれる点だけではありません。

この無料診断ツール、なんと弁護士や司法書士といった債務整理に精通している法律の専門家と直接繋がっているため、現状では借金問題を最も早く解決することが出来るという、非常に大きなメリットがあるんです。

法律家とリンク

ただ単に、減額される金額を計算するためのプログラムが組まれているようなツールではなく、利用者が質問項目に答えて送った内容を、実際に弁護士や司法書士が見て計算しています。

つまり、借金減額シミュレーターを利用するということは、無料で弁護士や司法書士に債務整理の相談をしていることと同じなんです。

もちろん、執拗な営業メールや電話がかかってくることは一切ありませんので、安心してこの無料診断ツールを利用して頂ければと思います。

弁護士や司法書士を探す必要がない

借金減額シミュレーターの利用メリットはまだあります。

それは、送られてきた診断結果を見て、実際に「自分も借金の減額をしたい」と思った場合、そのままダイレクトに弁護士や司法書士に依頼することができます。つまり、債務問題に精通している法律家を探す必要がないということです。

借金問題解決の依頼というのは、自分の人生を変える出来事と言っても過言ではありません。

そういった点をしっかりカバーしてくれるのが、借金減額シミュレーターという無料診断ツールなんです。

借金減額シミュレーターを利用することによって、抱えている債務問題の大まかな部分がすでに伝わっているため、弁護士や司法書士に相談する際、イチから面倒な説明をする必要がありません。

そのため、債務整理の手続きがスムーズに進むことになり、あなたの抱えている借金問題を、短期間で解決に導くことが可能となるんです。現状では、借金問題を解決するには借金減額シミュレーターの利用が最速と言っても過言ではありません。

借金の減額が実現する借金減額シミュレーターは、たった1回利用するだけで、あなたの人生を大きく変えるきっかけにもなるので、非常に優れた無料診断ツールだと言えるでしょう。

借金減額シミュレーター

 

おわりに

借金問題というのは、返済の遅延が続くと、想像している以上に大変な事態へと発展してしまいます。

利息や遅延損害金などによって、返済金額が膨らんでしまうことは当然なのですが、それ以外にも、ローンが組めなくなってしまうこともあります。ローンが組めない場合、何か必要なものがあっても、物によっては購入できなくなる可能性が出てきます。

なぜこんなことになるのかというと、個人信用情報に傷がついてしまう(いわゆるブラックの状態)ことによって、金融機関からの信用がなくなり、お金を借りることが出来なくなるからです。

お金が借りられないということは、当然のようにローンの審査には通りません。

こうなってしまうと「とにかく現金がほしい」という気持ちが強くなり、非合法な金融業者(闇金融)に手を出すことになります。その結果、最終的には骨の髄までしゃぶられる事態になり、聞くに堪えないような哀れな人生を送ることにもなりかねないのです。

また、冒頭でも述べているように、借金がバレてしまうことで、家庭が崩壊したり、会社に居づらくなったりする可能性も大いにあるんです。

そのような不幸な事態を避けるためにも、現在、借金問題を抱えている人というのは、眼の前の現金に手を伸ばすことよりも、1日でも早く債務の整理をして、借金から解放されるように考えをシフトする必要があります。

その解決策として《借金減額シミュレーター》を利用することは、借金による負のスパイラルから抜け出すきっかけになると言えるでしょう。

 


 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加